• Music
  • Rei Wada / 円盤と便箋

    enban to binsen

    夕暮れを歌に。

    buy(shop)
  • ボサノヴァを愛する若きシンガーソングライターによ静かで美しい歌の作品集。宮崎在住のRei Wadaの初のアルバムとなる本作は、彼の音楽のルーツでもあるボサノヴァのカバーと自作曲で綴った一つの恋の詩情が等身大で歌われた作品である。

    優しく囁き歌うその声は、夕暮れの部屋の片隅で親しい特別な誰かのために捧げるように届けられる。
    (M-1)の「遠い銀河の片隅で」心地良いサウンドから始まり、(M-9)では名曲コルコヴァードをシンプルに歌う。
    アルバムのリード曲である(M-10)の「円盤と便箋」は戻らぬ人を想う気持ちを音楽へ昇華することに成功し、新しい日本語のスタンダートとして今後も聴かれていく美しい予感に満ちている。

    アルバムのプロデュースは宮崎在住のピアニスト横山起朗によるものであり(M-1 M-7 M-8 M-10) では編曲とピアノで参加している。
  • A collection of quiet and beautiful songs by a young singer-songwriter who loves bossa nova.
    Miyazaki-based Rei Wada's first album,Bossa Nova cover, which is also the root of his music, and It is a work in which the poetry of one love spelled out by self-composition is sung in life size.

    That voice that gently whispers and sings is in the corner of the room at dusk
    Delivered as a dedication to someone close and special.(M-1) "In a corner of the distant galaxy" starts with a comfortable sound,(M-9) simply sings the famous Corcovado.
    The album's lead song (M-10) "Disc and Letter Paper" is succeeded in sublimating the feelings of thinking about those who have not returned to music,It will continue to be heard as a new Japanese standardFull of beautiful anticipation.

    The album was produced by Kiro Yokoyama, a pianist living in Miyazaki.
    In (M-1 M-7 M-8 M-10), he participated in arrangement and piano.

profile

  • Rei Wada
    宮崎県在住。
    両親の影響でボサノヴァに親しむ。十代の頃より作詞作曲を始め、クラシックギターでの弾き語りを行う。
    現代の気分を反映させた日本詩から成る Japanese Neo Bossa をテーマに楽曲制作を続ける。
    2019年にシングル「ミューズ」をデジタルリリース。またスリーピースバンド YOLK のメンバーとしても活動する。

LINER NOTES