• Music
  • moonless

    眠れない夜と、眠りたくない夜に

    buy(shop)
  • 夜になるとうまく話せることがある。語る相手は自分であったり誰かであったりする。そんなとき人々をそっと迎え入れる場所の一つがBARだ。

    世界は閉ざされてしまい街の灯りが消えたままになった時期に、横山起朗が足繁く通うバーのバーテンダーとの電話での会話から、この時期お店に伺うことは叶わないけれど、空間を家でも体感出来るような、そして、カウンターでの再会を約束するような映像作品を制作しましょう、となった。

    それで完成したのが毎週夜に公開された8つの映像作品 after dark である。カウンターに座ったら、隣からひっそりと聞こえてくる会話とその合間に流れるピアノの曲。本作は after dark のために作曲された音楽を収録したものである。

    「眠れないとき、または眠りたくない時に聴いてもらえたら嬉しい」横山起朗
  • Sometimes in the evening I can talk a bit better. Sometimes it's to myself, sometimes it's to someone else," says Yokoyama.
    A bar is one of the places that gently welcomes people when they are in such a mood.

    It was a time when the pandemic had shut down the world and the lights of the city had gone out. One day, Yokoyama talked on the phone with the bartender of the bar he used to frequent not so long ago.
    The conversation led to the idea of making a series of short films that would allow people to experience the atmosphere of a bar at night, even if they were at home. And they hoped that, after watching them, people would feel a sense of promise to meet again at the counter.
    The result was "After Dark", a series of eight short films, presented one each week during the shutdown.

    Imagine you are sitting at a counter, and you hear a quiet conversation from a nearby seat, and the sound of a piano in between.
    This album is a collection of music composed for After Dark.
    "I want you to listen to it when you can't sleep, or don't want to sleep", he says.

profile

  • 横山起朗
    武蔵野音楽大学を卒業した後、ポーランド国立ショパン音楽大学にてピアノを学ぶ。現在は宮崎、東京、ポーランドを拠点に演奏活動を行い、CMやテレビ番組等へ楽曲の制作、ラジオパーソナリティなど日本と海外を行き来し幅広く活動する。

    https://tatsuroyokoyama.com

LINER NOTES